U18吉田輝星は自覚 根尾や藤原にあって自分に足りないもの

公開日:

「レベルの高いところでやって、自分の足りないところが分かった。補っていきたい」

 U18の解団式が行われた11日、大学進学かプロ入りかで揺れる吉田輝星(金足農)は将来的なプロ志向を強調しつつも、韓国、台湾戦で2敗したこともあって、自身の課題と反省の言葉が口をついた。放送関係者が言う。

「吉田は、根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭)らプロ入りするメンバーと比べて、練習量や質、取り組み方、意識の部分で足りない部分があったと冷静に自己分析していた。今後は、根尾たちがやっていることを自分自身もできるようにしたい。甲子園ではハマったストレートで押す投球スタイルについても、大会中に改良を加えたツーシームを駆使する新たなスタイルを模索し、調子が悪い時に投球スタイルに変化をつけることや、変化球に磨きをかける必要性を感じていた。自ら課題をあぶり出し、解決に向けて動こうという頭と心は、高校生離れしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る