U18吉田輝星は自覚 根尾や藤原にあって自分に足りないもの

公開日: 更新日:

「レベルの高いところでやって、自分の足りないところが分かった。補っていきたい」

 U18の解団式が行われた11日、大学進学かプロ入りかで揺れる吉田輝星(金足農)は将来的なプロ志向を強調しつつも、韓国、台湾戦で2敗したこともあって、自身の課題と反省の言葉が口をついた。放送関係者が言う。

「吉田は、根尾昂藤原恭大(ともに大阪桐蔭)らプロ入りするメンバーと比べて、練習量や質、取り組み方、意識の部分で足りない部分があったと冷静に自己分析していた。今後は、根尾たちがやっていることを自分自身もできるようにしたい。甲子園ではハマったストレートで押す投球スタイルについても、大会中に改良を加えたツーシームを駆使する新たなスタイルを模索し、調子が悪い時に投球スタイルに変化をつけることや、変化球に磨きをかける必要性を感じていた。自ら課題をあぶり出し、解決に向けて動こうという頭と心は、高校生離れしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

もっと見る