“菊池と大谷は同僚にならない”エ軍公式サイトで獲得を否定

公開日:

 西武からポスティングシステムでメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)。

 花巻東高校(岩手)の後輩である大谷翔平(24)と同僚になることはなさそうだ。

 チーム公式サイトは5日(日本時間6日)、「エンゼルスは菊池のローテーションを見据えているのか?」と題する記事を掲載。日本での菊池の実績や、高校では大谷の先輩だったことなどを紹介している。

 記事では「キクチが加わればローテーションが強化される」としながらも、エンゼルスは左肩の故障歴を問題視。今季は先発陣に故障者が続出したことから、「今オフはケガのリスクが少ない投手の獲得を目指している。菊池獲得のリスクは受け入れないだろう」と、日本人左腕取りを否定している。

 菊池を巡っては、すでにレンジャーズが代理人であるスコット・ボラス氏と接触を図ったとされる。他にもパドレス、フィリーズら複数球団が関心を寄せているものの、エ軍は手を引いたとみて良さそうだ。

 チームは、日本人選手のいない球団を選んだ大谷の心情も忖度しているのだろう。エンゼルスが二刀流を優先すれば、日本人左腕の獲得を見送ることになるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る