18人流出し秋山も? 西武は日米球界の“草刈り場”と化した

公開日:

 むしろ誇るべき数字ではないか。

 去る3日に西武の秋山(30)が契約更改交渉を行い、1500万円アップの2億3500万円プラス出来高でサイン。本人は笑顔だったが、冷や汗が止まらないのは球団だ。

 秋山は来季が3年契約の最終年。メジャー志向が強い上に、順調なら来季中に海外FA権を取得する。そこで西武は新たな複数年契約を提示してクビに縄をつけようとしたものの、秋山はこれを固辞。

「まずは3年(契約)を全うしてから」と話した。

 もっとも、それをうのみにする者は皆無だ。過去には牧田、浅村が移籍前年に複数年提示を拒否。牧田は昨年ポスティングでパドレスに、浅村は楽天にFA移籍した。

 西武から他球団にFA移籍した選手は、実に18人。12球団トップの人数だ。松坂(現中日)や菊池など、ポスティングを行使した選手を含めれば、さらに数は膨れ上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る