大谷は選手間新人王落選…中南米組織票と二刀流への反発か

公開日: 更新日:

 二刀流の2冠達成はならなかった。大リーグ選手会(MLBPA)は28日(日本時間29日)、選手間投票で決まる今季の「プレーヤーズ・チョイス・アワード」の受賞者を発表。新人王に相当する「アウトスタンディング・ルーキー」には、ア・リーグではヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23)が選出された。

 同内野手は、149試合に出場して打率2割9分7厘、27本塁打、92打点。打撃成績では大谷(104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点)を上回った。右肘を痛めて離脱した大谷とは異なり、シーズン通じての活躍を評価されたとみられるが、アンドゥハーが選ばれたのはそれだけではないだろう。大リーグの人種構成も大谷が選手間投票で支持を得られなかった理由のひとつだ。

 今季、30球団の開幕ロースター877人(故障者リスト入り選手も含む)のうち、中南米諸国出身者は219人。全体の約25%を占める。これに、ドミニカ共和国などにルーツを持つ選手も含めれば、ヒスパニック系選手は全体の4割近くに達するとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る