大谷は選手間新人王落選…中南米組織票と二刀流への反発か

公開日:

 二刀流の2冠達成はならなかった。大リーグ選手会(MLBPA)は28日(日本時間29日)、選手間投票で決まる今季の「プレーヤーズ・チョイス・アワード」の受賞者を発表。新人王に相当する「アウトスタンディング・ルーキー」には、ア・リーグではヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手(23)が選出された。

 同内野手は、149試合に出場して打率2割9分7厘、27本塁打、92打点。打撃成績では大谷(104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点)を上回った。右肘を痛めて離脱した大谷とは異なり、シーズン通じての活躍を評価されたとみられるが、アンドゥハーが選ばれたのはそれだけではないだろう。大リーグの人種構成も大谷が選手間投票で支持を得られなかった理由のひとつだ。

 今季、30球団の開幕ロースター877人(故障者リスト入り選手も含む)のうち、中南米諸国出身者は219人。全体の約25%を占める。これに、ドミニカ共和国などにルーツを持つ選手も含めれば、ヒスパニック系選手は全体の4割近くに達するとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る