菊池雄星「高騰」必至も…屈指の金満3球団はソッポの理由

公開日:

 日本人左腕が、いよいよメジャーの市場に出る。

 西武は3日、今オフのメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)のポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと発表した。すでにNPBから大リーグ機構(MLB)への通知も完了しており、早ければ米東部時間4日午前8時(日本時間4日午後10時)に交渉が解禁となる。

 花巻東高(岩手)時代からメジャー志向が強かった菊池。地元花巻で行われた2日のトークショーで、司会者から希望球団などを聞かれると「どこでもですね」と全30球団と交渉OKの姿勢を見せた。

 それが本音かどうかはともかく、代理人はあのスコット・ボラス氏。今年2月にはJ・D・マルティネス外野手の交渉で、レッドソックスから5年総額1億1000万ドル(約124億8000万円)を引き出すなど、数々の大型契約をまとめてきた敏腕代理人だ。ボラス氏の手練手管によって、菊池の交渉がマネーゲームに発展するのは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る