エ軍の“韋駄天”大谷 来季開幕は代走要員でベンチ入りの目

公開日:  更新日:

「まずはそこを目指したい」――。

 レギュラーシーズン終了後の10月1日に右肘の靱帯を再建するトミー・ジョン(TJ)手術を受けたエンゼルス・大谷翔平(24)が、あらためて来季開幕戦での復帰を口にした。

 4日に共同通信のインタビューに応じた大谷は「何百件もあるリハビリの症例を比較して開幕まで合わせていく。普通にいけば間に合わなくないのかなという感じ」としながらも、「(復帰時期を)延ばすのもOK」と慎重な姿勢も崩さなかった。

 TJ手術は打者なら術後6カ月程度で復帰は可能だ。仮に患部の回復が遅れたとしても、来季開幕戦のロースター(25人)に名を連ねるのは決して不可能ではない。大谷は打撃以外でも戦力になるからだ。

 来季からエンゼルスを指揮するブラッド・オースマス新監督は、タイガース時代に機動力を駆使。就任1年目の2014年は選手を積極的に走らせ、チーム盗塁数は前年の35個(リーグ最少)から106個(同4位)と3倍以上も増えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る