横綱白鵬ただ1人全勝ターンも “懸賞ぶん回し”は不安の表れ

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(34)は難敵を下したとき、懸賞をわしづかみにした右腕を「どうだ!」と言わんばかりに大きく振る。つまり、それが多い今場所は苦戦続きということだ。

 17日は栃煌山にいなされて不利な体勢になり、一気に寄り切られるか――と思われた。しかし、土壇場で逆襲の小手投げを放ち、紙一重で勝利。勝ち名乗りを受け、懸賞を受け取った右手をぶんと振った。

 先場所も10連勝中は薄氷を踏むがごとき相撲が多かった。それだけ衰えが顕著なのだろう。

 ある親方は「相手の雑な攻めもある」と、こう続ける。

「全盛期の白鵬には何もできないまま負けていたのが、今はあっさりと有利な体勢にもっていける。拍子抜けすると同時に『ここを逃せばチャンスはない』と焦ってしまうのだろう。立ち合いの圧力は落ちても、白鵬の技術は健在。つまり、雑な攻めで墓穴を掘っている。さらに白鵬は運動神経も抜群。この日も栃煌山に後ろを取られそうになるや、素早く回転した。あの反応の良さは稽古で身に付くものではなく、天性でしょうね」

 もっとも、先場所も10連勝から3連敗して休場したように、体力面には不安が残る。ギリギリの勝利ばかりでは、集中力だって続くかどうか。

 8日目終了時点で無敗キープは白鵬ひとりだが、賜杯争いはまだまだ予断を許さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る