横綱白鵬ただ1人全勝ターンも “懸賞ぶん回し”は不安の表れ

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(34)は難敵を下したとき、懸賞をわしづかみにした右腕を「どうだ!」と言わんばかりに大きく振る。つまり、それが多い今場所は苦戦続きということだ。

 17日は栃煌山にいなされて不利な体勢になり、一気に寄り切られるか――と思われた。しかし、土壇場で逆襲の小手投げを放ち、紙一重で勝利。勝ち名乗りを受け、懸賞を受け取った右手をぶんと振った。

 先場所も10連勝中は薄氷を踏むがごとき相撲が多かった。それだけ衰えが顕著なのだろう。

 ある親方は「相手の雑な攻めもある」と、こう続ける。

「全盛期の白鵬には何もできないまま負けていたのが、今はあっさりと有利な体勢にもっていける。拍子抜けすると同時に『ここを逃せばチャンスはない』と焦ってしまうのだろう。立ち合いの圧力は落ちても、白鵬の技術は健在。つまり、雑な攻めで墓穴を掘っている。さらに白鵬は運動神経も抜群。この日も栃煌山に後ろを取られそうになるや、素早く回転した。あの反応の良さは稽古で身に付くものではなく、天性でしょうね」

 もっとも、先場所も10連勝から3連敗して休場したように、体力面には不安が残る。ギリギリの勝利ばかりでは、集中力だって続くかどうか。

 8日目終了時点で無敗キープは白鵬ひとりだが、賜杯争いはまだまだ予断を許さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

もっと見る