大関とり白星発進…貴景勝の強みは角界随一の圧力と観察眼

公開日: 更新日:

 まさに鎧袖一触の相撲だった。

 10日の3月場所初日、大関とりを狙う貴景勝(22)が、危なげなく白星発進。埼玉栄高校の先輩・妙義龍を立ち合いのぶちかましではじき飛ばすと難なく押し出した。

 取組後は「普通です」と話すなど、浮かれた様子もなし。大関とりがかかる場所でも、平常心を維持している。

 少年時代から父親とマンツーマンで相撲の稽古に励んだ環境もあって、メンタルの強さは折り紙付き。22歳とは思えぬ落ち着きようで、相撲内容にも安定感がある。

 ある親方が言う。

「貴景勝の相撲を簡単に言ってしまえば、相手をよく観察しながらぶつかっていくだけ。それだけなんだが、圧力は角界随一の上に、観察眼にもたけている。力押しで対抗できる力士は限られているし、不用意に反撃に出ようものなら『待ってました』とばかりに、突き落としを食らってしまう。シンプルなだけに逆に対策が立てにくい。今は、どの力士も貴景勝を研究している。例えば貴景勝に4連勝中の御嶽海は、立ち合いの前みつ狙いでプレッシャーをかけている。貴景勝に『油断したらまわしを取られるぞ』と思わせることで、出足を鈍くする作戦です。ただ、それも力自慢で相撲センス抜群の御嶽海だからできる対策法。どの力士もできることじゃない」

 大関とりの壁もはじき飛ばしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る