3月場所は戦国時代 衰え目立つ白鵬“次なる野望”と注目若手

公開日: 更新日:

 角界の誰もが「いまや誰が優勝してもおかしくない」と口を揃える。

 10日に初日を迎える大相撲3月場所。先場所は平幕の玉鷲(34)が、先々場所は貴景勝(22)が初優勝を飾った。上位と下位の力量差も縮まり、ベテラン、若手が入り交じった群雄割拠の様相を呈している。

 そんな戦国時代突入は、長らく土俵に君臨してきた横綱白鵬(33)の衰退が一因だ。優勝41回と他の力士を寄せ付けなかった最強横綱も、昨年から5度休場。若手台頭のチャンスをつくった。

 その白鵬、衰えにあらがいながら、土俵外では次のステージへ向けた準備を着々と進めている。それが、将来の相撲協会理事長のイスだ。

 白鵬は帰化申請こそしたともっぱらだが、まだ日本国籍は未取得。にもかかわらず、2012年入門の山口を皮切りに、次々に内弟子を獲得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る