白鵬“自信と欲”で挑む3月場所 是が非でも欲しい「称号」は

公開日: 更新日:

 ここ2場所の優勝力士をコテンパンにして帰っていった。

 5日に行われた二所ノ関一門の連合稽古。そこに颯爽と乗り込んできたのが、伊勢ケ浜一門に所属する横綱白鵬(33)だ。昨年11月場所優勝の貴景勝(22)と先場所を制した玉鷲(34)を指名すると、計28勝1敗。貴景勝には最初の一番こそ押し出されたものの、その後は豪快な投げ技を連発し、寄せ付けなかった。30番近い相撲も、余裕しゃくしゃく。

「もう10番は取れる。まだやれる余力は残っていた。2人には先場所負けてるからね」と豪語した。

 歴代最多の優勝41回を誇る横綱も近年はケガに悩まされることが多く、昨年の賜杯はわずか1回(9月場所)。先場所は初日から10連勝も薄氷の勝利が多く、終盤に3連敗して休場となった。

 二所ノ関一門の連合稽古に参加したのは、白鵬の焦りなのかどうか。場所前の稽古でイキのいい力士を叩きのめし、恐怖心を植え付けるのは歴代横綱の常套手段だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る