山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

中日・与田監督は審判へのハラスメントになっていないか

公開日: 更新日:

 4月21日の中日ヤクルト戦で、今岡二塁塁審のジャッジをめぐって中日・与田剛監督が抗議する場面があった。今岡塁審は二塁付近を見ていなかった(よそ見していた)にもかかわらずセーフと判定し、与田監督から追及されると「見ていた」と強弁。しかし、リプレー映像では「よそ見」の様子がはっきり映っていたため、今岡塁審が「嘘をついた」と批判される事態となったわけだ。

 結局、判定自体はその後にリクエストとなってアウトに覆ったのだが、与田監督は後日になっても「見ていましたと言っていた方が見ていなかったのであれば、それに対してちゃんと答えを出さないと最終的な結論にはならない」と糾弾し、ネット上でも多くのファンが「ミスは仕方ないけど嘘をついたことは問題」などと当世事情に即した批判を展開。誤審問題から今岡塁審の「嘘」をめぐる道義的な問題にすり替わることとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  6. 6

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  9. 9

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る