山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

西武・源田は金本や鳥谷の「二の舞い」にならずによかった

公開日: 更新日:

 西武・源田壮亮の連続フルイニング出場記録が299試合で途絶えた(連続試合出場もストップ)。新人の開幕戦から同記録が続いていたこと自体、空前絶後だろう。

 記録が途絶えた要因は、右手首に死球を受けたことで「右手関節挫傷」と診断されたからだ。骨に異常がなく、現在はすでに復帰していることを考えると、無理をすれば出場できるくらいの軽傷だったのかもしれない。

 しかし、西武の辻発彦監督はそれでも源田を欠場させた。その背景にどんな苦渋の決断があったのかはわからないが、この最終的な判断を私は心から称賛したい。ここで無理をさせて、源田という将来性豊かな若い才能に傷がついたら大きな損失だ。ただでさえ負担が大きく、役割も重要な遊撃手なのだから、慎重に扱って長く活躍してもらったほうがいいだろう。

 というのは采配論やマネジメント論の話であって、私はそれ以上に「連続試合出場」などという、あまり利にならない記録をさっさと終わらせ、周囲が騒ぎ立てるのを早めに抑止したことに大きな意義を感じた。かつての阪神・鳥谷敬しかり、同・金本知憲しかり、連続試合出場の記録があまりに続き過ぎると、次第にマスコミが取り上げるようになり、やがて本来の試合出場の意義とは異なる「記録継続のための不自然な強行出場」が注目を集めることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る