山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

公開日: 更新日:

 桑田真澄氏が高校野球に物申した。マスターズ甲子園という高校野球のOB大会に出場予定のPL学園高OBチームの一員として、桑田氏が関西創価高との練習試合に登板した日のことである。

■「サイン盗みはダメ」

 その日、桑田氏は昨今、高校球界を騒がしているいくつかの問題について私見を披露。いわく「サイン盗みはダメ」「球数制限は当然」「過密日程は球児を壊す」……すなわち桑田氏は明確な改革派であり、現在の高校野球の勝利至上主義、あるいは興行的な感動ポルノ路線に批判的なようだ。

 これを高校野球史上屈指のカリスマであり、その後のプロ野球でも一時代を築いたいわば成功者が主張した、というところに私は意義深さを感じた。桑田氏は自分自身が昭和的な根性野球とサイン盗み上等の勝利至上主義の価値観の中で野球人として育ち、それで成功を収めた人物にもかかわらず、自らのたどった道のりを否定したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る