山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

公開日: 更新日:

 新生・矢野阪神が煮え切らない戦いを続けている。開幕9試合を消化して4勝5敗と、一応5割前後をキープしているが内容は芳しくない。

 大きな問題はやはり打線だろう。7日の広島戦では大量9点で勝利したものの、それでもチーム総得点と本塁打数はリーグ最下位。この得点力不足は今に始まったことではなく、ここ数年の阪神の課題であり、もっと遡れば阪神の伝統的な苦手分野ともいえる。今年もやっぱり打てないのだ。

 それにしても、これは一体、どういうことなのか。毎年毎年あまりに打てなさ過ぎる。特に生え抜き日本人の真の意味での4番打者は、1980年代の掛布雅之以来ずっと出てきていないのは有名な話だ。当然、球団としてもそこをわかっているからこそ、打力強化を図って試行錯誤しているのはありありと伝わってくるのだが、それでも一向に結果が出ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る