松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

二塁塁審の今岡さん、ドライブレコーダーって知ってるか?

公開日: 更新日:

 別に二塁塁審の今岡サンを個人攻撃するつもりはない。21日のナゴヤドームの中日対ヤクルトの五回表、ヤクルトの攻撃、1死ランナー二塁。フラフラと上がった内野フライをバックして好捕した堂上、二塁ランナーが飛び出しているのですかさず二塁に送球、ランナー戻れずにアウト、ゲッツーでチェンジ……と? なるはずだったところ、塁審の今岡サンは、誰が見ても余裕でアウトなのに、セーフと判定した。

 中日の与田監督のリクエストによるリプレー検証で、センターの大スクリーンに映し出されたVTR映像を見て全員びっくりコイた。今岡サン、よそ見してたのだ。

「セーフもなにも、見てなかったじゃん、ねえ、いまおかさん、いまおかしかったよね?」

 リプレー検証の結果、判定が覆ってアウトとなって、ま、その場は収まったのサ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る