ヤ軍田中が1カ月ぶり4勝目 メッツ相手に昨季の憂さ晴らす

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が11日(日本時間12日)、インターリーグのメッツ戦(ヤンキースタジアム)に登板。6回3分の2を7安打5失点(自責点4)、7奪三振で4勝目(5敗)を挙げた。

 登板予定だった前日の試合を雨で流し、仕切り直しとなったダブルヘッダー初戦。この日は味方のまずい守備に足を引っ張られた。三回、遊撃グレゴリウスの失策をきっかけにピンチを招くと、マクニールの3ランなどで一気に4失点。六回には、捕手サンチェスの失策も絡んで1点を追加されたが、守備でのミスを取り返すかのように打線は15安打で12得点。田中に1カ月ぶりの白星が付いた。

 同じニューヨークを本拠地とするメッツとのサブウエーシリーズには、昨年6月8日(敵地シティフィールド)に登板。六回に犠飛で同点のホームを踏んだ際、両太ももを痛めて降板。メジャー初得点を記録しながら、負傷者リスト(IL)入りした苦い過去がある。

 同じメッツ相手に快投とはいかなかったが、昨季の憂さを晴らした。

▼田中の話
「1イニングにまとめて失点するケースが続いているので、何とかしていかないといけない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る