マー君も攻略…ブルージェイズ注目の“殿堂入り2世”とは?

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が4日(日本時間5日)、4勝目(4敗)をかけてブルージェイズ戦に登板。2点リードの五回に一挙4点を失い、六回4失点で5敗目(3勝)を喫した。

 相手のブルージェイズは今季、若手主体のチーム編成で臨み、将来を嘱望される選手が続々とデビューしている。

 中でも注目を集めているのが、ウラジミール・ゲレーロJr三塁手(20)、キャバン・ビジオ二塁手(24)の2人。ともに米野球殿堂入りを果たした父親を持つ2世選手で、今季、揃ってメジャーリーガーとしての第一歩をしるした。

 4月26日のアスレチックス戦に初出場したゲレーロJrは、通算449本塁打の父親譲りのパワフルなスイングが持ち味。ここまで31試合に出場し、117打数29安打の打率2割4分8厘、6本塁打、12打点で、4割5分3厘の長打率をマーク(記録は3日終了時)。打球の初速は今季、ヤンキースのスタントン(194キロ)に次ぐ、メジャー2位の191キロを記録した。長距離砲のDNAをしっかりと受け継いだ。この日の第3打席でも田中からヒットを放ち、1打点をあげた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る