ヤンキース田中スプリット不安定は 新球習得の副作用か?

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が、25日(日本時間26日)のエンゼルス戦に登板。6回途中まで投げ、被安打6・奪三振2・与四球3で今季2敗目(2勝)を喫した。

 ここまで6試合に登板して2勝2敗、防御率3・60。まずまずの投球を披露しているものの、必ずしも納得のいくパフォーマンスを発揮し切れているとはいえない。本人が「スプリットの精度では満足できる登板は1試合もない」と話している通り、今季は決め球が不調。実際、追い込んでから甘く入ったスプリットを捉えられて長打を食らうケースは少なくなかった。

 これは新球習得による「副作用」だとみられる。今季は新たにナックルカーブをマスターし、カウントを稼ぐ球として有効に機能している半面、武器であるスプリットの制球が安定しないのだという。

「キャンプ中からナックルカーブを主体に投げてきた反動が開幕後に表れたのでしょう。決してスプリットをおろそかにしていたわけではないでしょうが、メジャーの投球練習は球数が限られているため、新球を中心に投げ込んできたことで、スプリットの握り、リリースポイントに微妙な狂いが生じて制球が定まらないのではないか。実戦マウンドで修正するしかなく、本来の精度を取り戻すのに時間がかかれば、厳しいマウンドが続く可能性もあります」(JスポーツMLB中継で解説を務める三井浩二氏)

 ヤンキースは投手、野手とも故障者が続出する異常事態。チームの浮沈はエース格である田中のスプリット復調にもかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る