2年連続パV逸&契約満了も…ソフトB工藤監督“続投”の裏事情

公開日: 更新日:

「正式発表がいつになるかはわかりませんが、続投はほぼ決定と聞いています」

 さる球団OBがこう話すのは、今季で3年契約が満了するソフトバンクの工藤監督(56)の去就に関してだ。

 2015年の就任1年目から5年間でリーグ優勝2回、2位が3回。15、17、18年には日本一を達成した。今季で2年連続V逸とはいえ、CSを突破し、日本シリーズに駒を進めている。

 これだけ成績を残せば続投は当然……と言いたいところだが、実情は異なる。

 冒頭のOBは「今季、仮にCSファーストステージで負けていたり、西武になすすべなく負けていたら、球団内で審議の対象にはなったでしょうね」と言う。

 成績だけを見れば文句のつけようがないものの、そこは豊富な資金力を誇るソフトバンクだ。選手総年俸は、もっか4年連続12球団トップ。球団サイドが求めるものも当然、大きくなる。本来の“ノルマ”はリーグ優勝した上での日本一だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る