パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

公開日: 更新日:

 グラウンドの戦いだけでなく、こちらの“場外乱闘”も面白そうだ。

 9日に始まるCSファイナルステージ。昨年同様、首位西武が2位ソフトバンクを迎え撃つ形となった。今年こそ日本シリーズに出場したい西武、2年連続V逸の雪辱をしたいソフトバンクという、ドラマ性も見どころだろう。

 だが、水面下では別の争いもある。それがオフにFA濃厚といわれている千葉ロッテ鈴木大地(30)争奪戦だ。

 鈴木は内野ならポジションを問わず、外野も守れるオールマイティー。中でも二塁をこなせる守備力は最大のセールスポイントだろう。

 ソフトバンクはここ数年、正二塁手が不在。今季は明石や牧原を筆頭に計10人が守ったが、いずれも定着には至らなかった。さらに37歳の内川、36歳の松田といったベテラン勢に次ぐ中堅層が手薄。30歳の鈴木は、彼らが抜けた後もチームを引っ張れる存在として、是が非でも欲しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る