「CS男」の面目躍如 ソフトB内川聖一が短期決戦に強いワケ

公開日: 更新日:

 鷹のCS男が、ファイナルステージへのキップをもぎ取った。

 ソフトバンクは7日、楽天に2―1で勝利。全打点を叩き出したのが、ベテランの内川聖一(37)だ。

 浅村のソロで先制された直後の四回、2死一、二塁の場面で同点タイムリー。七回には決勝打となる先頭打者弾を放ち、チームを勝利に導いた。

 内川は今季が2年契約の2年目。年俸4億円と破格ながら、昨季は打率・242、今季は・256と期待に応えられなかった。首位打者争いの常連だった面影はなく、オフの契約更改でダウンは免れないだろう。

「一時代を築いたヒットメーカーとはいえ、さすがに年齢が年齢です。若い頃はケガ知らずだったが、近年は故障が増加。その上、トシのせいか完治しにくいという悪循環に陥っている。動体視力も衰えているともっぱら。そのため、キャンプでは動体視力強化のトレーニングに励んでいた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る