複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

公開日: 更新日:

 最も、お買い得の逸品か。

 国内FA権の行使を検討しているソフトバンクの福田秀平(30)。走攻守の三拍子揃った左の外野手だが、チームではスーパーサブの印象が強い。というのも、ソフトバンクの外野陣は柳田、上林、グラシアル、中村晃と激戦区。代打や代走、守備固めとしての起用が多く、プロ13年間で規定打席に到達したことは一度もない。

 しかし、能力は高い。今季は2度の左脇腹痛による離脱で出場は80試合にとどまったが、26打点9本塁打は自己最多。レギュラーではないにもかかわらず、エースキラーとして知られ、日本ハム時代の大谷翔平から通算2発を放っている。今年6月には巨人の菅野から先頭打者アーチ、8月には楽天の則本から猛打賞など、存在感を見せつけてきた。

 俊足も持ち味のひとつで、今季ヤクルトの山田に抜かれるまで、32回連続盗塁成功記録(2011~15年)はトップ。守備範囲も広く、外野3ポジションだけでなく、一塁手や二塁手も務める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る