日ハム・小笠原ヘッド兼打撃コーチの就任は「清宮対策」

公開日: 更新日:

 日本ハムが9日、OBで前中日二軍監督の小笠原道大氏(45)のヘッド兼打撃コーチ就任を発表した。

 狙いは2年目の清宮幸太郎(20)、ルーキーの野村佑希(19)、万波中正(19)ら若手スラッガーの育成といわれるが、「清宮を一人前にするための人事。というより清宮の専属コーチといっても過言じゃない。来年ブレークしなければ終わってしまうのではないかという声が上がるほど、フロントや首脳陣は清宮の育成に関して危機感を持っています」とは、ある日本ハムOBだ。

 高校通算111本塁打は史上最多、ドラフトで高校生最多となる7球団の指名が競合した逸材も、プロ入り後は伸び悩んでいる。

 1年目に続き、飛躍が期待された2年目の今季も7本塁打。3月に右手有鉤骨骨片摘出手術を行ったのに続き、今月17日には右肘関節形成術の手術が予定されている。度重なる故障や体調不良もあって、周囲が納得する成績を残せていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  4. 4

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  5. 5

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  10. 10

    阪神1位指名の近畿大・佐藤輝明は前代未聞の大型内野手

もっと見る