さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

公開日: 更新日:

「今年のドラフトはどの球団も大変だぞ」

 ウチの部長が珍しく厳しい表情をしている。

 ドラフト1位候補のいる東京六大学、首都大学が春のリーグ戦を行っているにもかかわらず、コロナ禍でスカウトが視察できないからだ。

 徳山壮磨(早大・投手)、岩本久重(早大・捕手)、正木智也(慶大・内野手)、山下輝(法大・投手)、三浦銀二(法大・投手)、佐藤隼輔(筑波大・投手)……上位指名される可能性の高い彼らの現時点での評価は重要だ。ドラフト直前、秋のリーグ戦を見ればいいと思うかもしれないけど、それでは間に合わない。真っ先に即戦力投手を狙うのか、将来性重視で高校生野手か、各球団とも早い時期から今年のドラフト戦略を練る必要があるからだ。部長が言う。

「特に左腕の佐藤や山下は古傷を抱えている。山下は下級生のときに肘を手術したし、佐藤は昨秋に肘を痛めた。結果は新聞やネットでチェックできるけど、患部の状態は現場で実際に見なきゃ分からない。いや、見て大丈夫と判断してドラフトにかけても、自主トレが始まったら実は肘がパンクしていたなんてこともザラだからな。選手も監督もケガが深刻なものであっても、ドラフト前に評価を落とすようなことを言うはずがない。なおさらオレたちのチェックは欠かせないんだが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  4. 4

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  9. 9

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  10. 10

    キムタク海外ドラマ進出も喜べない裏事情 よぎる山Pの失敗

もっと見る