日ハム13人コロナ感染でも試合再開 背景に“2つの複雑事情”

公開日: 更新日:

 選手、コーチら13人が新型コロナウイルスに感染し、活動休止中だった日本ハムが、7日から試合を再開する。

 6日、12球団が臨時実行委員会が開かれ、日ハムが行ったPCR検査で新たな陽性者が出ず、管轄の保健所から活動再開が認められたとの報告を受け、決定した。

■他の5球団へのしわ寄せ

 日ハムは4月30日の中島、西川らの新規感染の判明を契機に、感染者が拡大。計4試合が延期となっていた。早期の活動再開は難しいとの見方もあったが、「延期試合が増えることによって、同一リーグの5球団にしわ寄せがいくことを避けたいのです」とある球団関係者が続ける。

「先日、1都2府1県に緊急事態宣言が発令され、巨人阪神などが無観客開催を余儀なくされた。巨人などは宣言期間中の試合延期を訴えたが、プロ野球全体としては、143試合+ポストシーズンを完遂することを大前提に動いているため、数試合を延期するだけにとどめた。今年は1年延期となった東京五輪開催が予定されており、プロ野球は7月19日から8月12日まで公式戦を中断する。その期間には原則、試合を組めないため、シーズン終盤に大型連戦の強行日程を強いられる可能性もある上、ポストシーズンにも影響が出かねない。とにかく、一軍のベンチ入り人数が揃う限りは、試合を消化せざるを得ないのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る