大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

公開日: 更新日:

 現役最多667本塁打のアルバート・プホルス内野手(41)が日本時間7日、エンゼルスから事実上の戦力外通告を受けた。

 同日に会見したミナシアンGMは「DHには大谷、一塁にはウォルシュが定着し、アルバートの出場機会は制限される。彼はプレーすることを望んでおり、最良の道を選択した」と説明した。

 プホルスは今後、ウエーバーにかけられ、7日間以内に獲得を希望する球団がなければ、エ軍と契約を結び直してマイナーでプレーするか、FAになって他球団への移籍を模索することになる。

 今季のプホルスは24試合で打率.198ながら、5本塁打、12打点と長打力は健在。今季の年俸約32億7000万円の残りを負担しなければならないウエーバーとは異なり、FAなら格安で契約できる。

 このベテランスラッガーの去就が、日本人野手に飛び火しそうだ。今季、開幕から打撃不振が続くレイズの筒香は7日現在、25試合で、75打数12安打の打率.160、0本塁打、5打点。今や打線のブレーキになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

もっと見る