石川遼が池ポチャ2発 JGTO主催大会で首位から陥落のお粗末

公開日: 更新日:

【JAPAN PLAYERS選手権 by サトウ食品】

「無我夢中でやっていたらトップに立っていて、まさか勝てるとは思わなかった」

 プロ4戦目で初勝利をつかんだ片岡尚之(23)だ。東北福祉大では松山英樹(29)の後輩にあたり、金谷拓実(22)の1年先輩だ。最終日はその金谷と同組で回ったのもスムーズにラウンドできた要因になった。

 選手会が主催者となって立ち上げた新規大会は、あっけない幕切れだった。

 終盤は通算15アンダーに一時5選手が並ぶ大混戦になり、その中には選手会長の時松隆光(27)や副会長の石川遼(29)も入っていた。

 ところが、折から強い風が吹き始めるとスコアを崩す選手が続出して、次から次へと優勝圏から消えていき、トップタイだった最終組の宮本勝昌(48)も18番をボギーとしてプレーオフに持ち込めなかった。先にホールアウトし、クラブハウスリーダーの片岡に勝利が転がり込んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る