青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

公開日: 更新日:

 長くトーナメントを楽しんできたゴルフファンには隔世の感があるのではないか。男女ツアーの格差だ。

 AON(青木功尾崎将司、中嶋常幸)が強かった頃の男子ツアーは、1982年に過去最多の年間46試合もあり、会場は多くのギャラリーで毎週賑わった。それが今では24試合まで激減した。

 そのいっぽうで女子ツアーは若手の活躍もあって年間37試合もあり、さらに大会スポンサーに手を挙げる企業は後を絶たない。

■今週の女子プロVは2400万円

 試合数だけでなく賞金も大違いだ。今週は特に象徴的で、男子大会は賞金総額5000万円(優勝1000万円)。女子大会は同1億2000万円(同2400万円)と倍以上の開きがある。

「日本ゴルフツアー機構(JGTO)は2016年に青木功プロが会長に就任してから、試合数を増やそうと150社以上に営業をかけたのです。ところが、『今の時代は青木さんひとりの看板で協力するのは難しいですよ』と企業担当者に断られるなど、大会総数は増えていないのが現状だ。男子大会はスター選手不在で話題も乏しい。それでは観客も集まらず、興行として成り立たない。スポンサーになるのなら女子ツアーのほうがメリットが高いというわけです」(評論家・宮崎紘一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

もっと見る