慶大34年ぶりVの立役者・正木は広島・鈴木誠也の後釜候補

公開日: 更新日:

 これで、ドラフト1位指名は決まったも同然か。

 13日、全日本大学野球選手権の決勝が行われ、慶大が34年ぶりの優勝を手にした。中でも活躍したのが、プロ注目の正木智也(4年)だ。先制本塁打と決勝タイムリーを放った前日の準決勝に続き、この日も初回の先制2ランを含む5打数3安打。試合後は「(本塁打の)感触は完璧でした」と笑顔を見せた。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 慶応高では通算50本を打つなど、かねてプロの評価は高い。今秋ドラフトの目玉のひとりと言われており、「即戦力野手」というくくりにおいてはほぼ一本かぶりだ。

 そんな正木を12球団で最も高く評価しているのが広島ではないか。苑田スカウト部長は以前から「打球音が違う。今は各球団にいい左腕がいるから、右の長距離砲は魅力」と絶賛。13日付のスポーツ報知には、「今すぐにでもウチに来てほしい」とコメントしているほどだ。

 広島は2016~18年にリーグ3連覇した勢いはどこへやら、もっかセ・リーグ最下位に転落した。正木にすがりたい気持ちはわかるものの、将来的にも「右の大砲」の補充は不可欠だ。

 なにせ4番を打つ鈴木誠也は早ければ今オフにもポスティング制度を利用してのメジャー移籍が囁かれている。それでなくとも順調なら来季中に国内FA権、23年には海外FA権を取得する。いざ、その時になって後釜不在というわけにはいかない。

 正木は現在は一塁を守っているが、もともとは外野手。2年秋、3年秋は六大学野球リーグで外野手のベストナインに選ばれている。

 来年は真っ赤なユニホームに身を包んでいるかもしれない。

広島スカウト部長「今すぐにでもウチに来て」

 そんな正木を12球団で最も高く評価しているのが広島ではないか。苑田スカウト部長は以前から「打球音が違う。今は各球団にいい左腕がいるから、右の長距離砲は魅力」と絶賛。13日付のスポーツ報知には、「今すぐにでもウチに来てほしい」とコメントしているほどだ。

 広島は2016~18年にリーグ3連覇した勢いはどこへやら、もっかセ・リーグ最下位に転落した。正木にすがりたい気持ちはわかるものの、将来的にも「右の大砲」の補充は不可欠だ。

 なにせ4番を打つ鈴木誠也は早ければ今オフにもポスティング制度を利用してのメジャー移籍が囁かれている。それでなくとも順調なら来季中に国内FA権、23年には海外FA権を取得する。いざ、その時になって後釜不在というわけにはいかない。

 正木は現在は一塁を守っているが、もともとは外野手。2年秋、3年秋は六大学野球リーグで外野手のベストナインに選ばれている。

 来年は真っ赤なユニホームに身を包んでいるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る