釜本邦茂氏が森保Jに喝!オマーン戦は「“ゴール前で徐行するな”を肝に銘じるべし」

公開日: 更新日:

 カタールW杯最終予選のベトナム戦(11日)で、スタンドに59年前に初お目見えした横断幕<ゴール前で徐行するな 必勝! 日本代表!>が掲げられて注目された。

 1962年12月。三国対抗・スウェーデン選抜戦。少数派ながら日本代表を熱烈応援する集団がいた。彼らは「ゴール前で徐行するな 必勝! 日本」という横断幕を自作し、「日本サッカー狂会」とグループ名を記した。日本サッカーを狂おしく応援する会だ。

「70年代にスタジアムで通称『狂う会』の掲げる横断幕を実際に目にしました。当時の日本代表はボールをつなぐ技術に乏しかった。なので<相手ゴール前に迫ったらスピードダウンせずに迷わずシュートを打て!>という叱咤激励でした」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 1964年に19歳で日本代表に選ばれ、国際Aマッチ76試合・75得点の金字塔を打ち立てたメキシコ五輪得点王・釜本邦茂氏は「掲げられていたかもしれないが……私に与えられた仕事は<ゴールを決めること>です。目に入らなかった」と苦笑いしながらこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

    プロ初2ケタ勝利の西武・今井達也が語る“5.9にキレた”理由 降板後にベンチでブチ切れ

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

    用意する資金は青天井! 名門ヤンキースが朗希獲得でドジャースへの“リベンジ”画策

  1. 6
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  2. 7
    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

    万博スタッフに「時給2000円」大盤振る舞いの裏で…“格差拡大”に涙を飲む大阪府非常勤職員

  3. 8
    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

    西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

  4. 9
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  5. 10
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる