八村塁「W杯出場」は勝ち上がるほど遠のく…レイカーズ地区決勝進出は第6戦へ持ち越し

公開日: 更新日:

 八村塁(25)のレイカーズ(第7シード)が日本時間11日、西カンファレンス準決勝(7回戦制)でウォリアーズ(第6シード)と対戦。昨季のNBAファイナル覇者でリーグ屈指の3ポイントシューターであるステフィン・カリー(35)擁する同地区のライバル相手に106-121で敗れた。レ軍は対戦成績を3勝2敗とし、西カンファレンス決勝進出は13日に本拠地ロサンゼルスで行われる第6戦に持ち越された。

 レ軍は頂点に立った2020年以来のNBAファイナル進出がかかる。チームが勝ち上がれば勝ち上がるほど、八村のW杯(8月開幕=インドネシア、フィリピン、日本共催)への出場は遠のきそうだ。

 今季終了後、制限付きFAになる八村は、今年1月のレ軍移籍後、3&D(3ポイントシュートとディフェンス)で存在感を示してきた。

■今オフFA市場の目玉のひとりに

 欧州勢も含めて世界のトップ選手が出場するW杯は所属先が未定だったり、NBA入りを目指す選手にとっては格好のアピールの場。W杯でのパフォーマンスが認められて契約に至るケースは少なくないが、八村は今オフのFA市場の目玉の一人だ。仮に交渉が難航していたとしても、いまさらW杯で実力を証明する必要などまったくないし、契約がまとまっていれば、移籍チームの意向や起用法次第でW杯出場が認められない可能性もある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う