父・宇さんと福原愛は仙台のクラブで「すれ違い」だった

公開日:  更新日:

 張本智和の父・宇さん(47)は、まず選手として海外の舞台に飛び出した。

「25歳だった96年にカタールへ行きました。27歳からはよりレベルの高いイタリアのプロリーグでプレーする機会がありました。腕を磨くだけでなく、世界のスポーツ事情もそこで学びました」

 中国共産党の最高指導者、江沢民が自由主義経済に舵を切り、積極的な対外政策で大国主義を打ち出していた頃だ。28歳、転機が訪れた。

「そろそろ現役を引退してコーチになる気持ちはあり、中国に戻ってコーチをしないかという誘いもあったんです。ただ、やはり世界を見てしまいましたから。国際選手を育てながらもっと経験を積んでみたいという気持ちが大きかった。もちろん、経済的なこともありました」

 四川省の先輩で、87年の世界卓球選手権、88年のソウル五輪のダブルスで金メダルを獲得した陳龍燦が、仙台のジュニアクラブを紹介してくれたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る