父・宇さんと福原愛は仙台のクラブで「すれ違い」だった

公開日: 更新日:

 張本智和の父・宇さん(47)は、まず選手として海外の舞台に飛び出した。

「25歳だった96年にカタールへ行きました。27歳からはよりレベルの高いイタリアのプロリーグでプレーする機会がありました。腕を磨くだけでなく、世界のスポーツ事情もそこで学びました」

 中国共産党の最高指導者、江沢民が自由主義経済に舵を切り、積極的な対外政策で大国主義を打ち出していた頃だ。28歳、転機が訪れた。

「そろそろ現役を引退してコーチになる気持ちはあり、中国に戻ってコーチをしないかという誘いもあったんです。ただ、やはり世界を見てしまいましたから。国際選手を育てながらもっと経験を積んでみたいという気持ちが大きかった。もちろん、経済的なこともありました」

 四川省の先輩で、87年の世界卓球選手権、88年のソウル五輪のダブルスで金メダルを獲得した陳龍燦が、仙台のジュニアクラブを紹介してくれたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る