「お灸ダイエット」岡本真理著

公開日:  更新日:

 熱で体のツボを刺激し、気・血・水の流れをよくするとされるお灸(きゅう)。本書では、ドラッグストアなどで手に入る台座付きのお灸を使って、体を温めながらダイエットにもつながるお灸の方法を紹介していく。

 ウエスト回りに脂肪がつきやすい人は、内臓を冷やす飲み物が好きな場合が多い。お腹を冷えから守ろうとして、脂肪をため込みやすくなるためだ。そこで、お腹を温めるお灸である。まず、手の親指と人さし指の骨が合流する「合谷(ごうこく)」というツボにお灸をし、内臓を温めるよう脳に指令を出す。次に、おへそから左右に指3本、さらにそこから指3本下の位置にある「大巨(だいこ)」にお灸をし、お腹の脂肪燃焼を促進させる。1日5分程度のお灸で、体質改善にも役立つはずだ。
(幻冬舎 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る