「お灸ダイエット」岡本真理著

公開日:  更新日:

 熱で体のツボを刺激し、気・血・水の流れをよくするとされるお灸(きゅう)。本書では、ドラッグストアなどで手に入る台座付きのお灸を使って、体を温めながらダイエットにもつながるお灸の方法を紹介していく。

 ウエスト回りに脂肪がつきやすい人は、内臓を冷やす飲み物が好きな場合が多い。お腹を冷えから守ろうとして、脂肪をため込みやすくなるためだ。そこで、お腹を温めるお灸である。まず、手の親指と人さし指の骨が合流する「合谷(ごうこく)」というツボにお灸をし、内臓を温めるよう脳に指令を出す。次に、おへそから左右に指3本、さらにそこから指3本下の位置にある「大巨(だいこ)」にお灸をし、お腹の脂肪燃焼を促進させる。1日5分程度のお灸で、体質改善にも役立つはずだ。
(幻冬舎 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る