「自己治癒力を高める医療」小西康弘著

公開日: 更新日:

 現代医学では、病気に対して悪い部分をどのように抑え込むか、または取り除くかという形で治療が進んでいく。しかし著者は、病気を体全体の問題と捉え、その根本原因の解決を図ろうとする「統合医療」を実践し、自身の医院であらゆる疾患の治療に携わっている。

 統合医療で特に大切なのが、患者が本来持つ自己治癒力の強化であるという。私たちの体の中では、60兆個もの細胞を健全に機能させるため、自律神経系やホルモン系、免疫系などのシステムが常に働いている。そして、これらのシステムを阻害するのが、体の冷えや、ビタミンやミネラルの不足であるという。

 自己治癒力を高めるための瞑想(めいそう)法なども紹介しながら、そのメカニズムを詳しく解説していく。(創元社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る

人気キーワード