『体の「冷え」は肌をつまめば消える』永井佳子著

公開日:  更新日:

 肩や腰の痛み、便秘や下痢、目の疲れやドライアイなどの不調の原因が、体の“冷え”にあることは珍しくない。冷えと血流や新陳代謝の低下は密接につながっていて、自律神経のバランスを乱してさまざまな不調の引き金になるのだ。

 これを解消するためにはマッサージやツボ押しなどが知られるが、著者が確立した「プルスキンメソッド」は、何と肌を“つまむ”だけ。肌を押すのではなく、つまんで持ち上げることで、こわばった細胞同士を容易にほぐし滞った血液やリンパ液を勢いよく流せるのだという。

 足や脇の下、目の周りなどの肌を、人さし指と親指の腹でそっと持ち上げる。そして、2~3秒キープしたらゆっくりと戻すだけ。仕事中でも簡単にできそうだ。
(ダイヤモンド社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る