『体の「冷え」は肌をつまめば消える』永井佳子著

公開日: 更新日:

 肩や腰の痛み、便秘や下痢、目の疲れやドライアイなどの不調の原因が、体の“冷え”にあることは珍しくない。冷えと血流や新陳代謝の低下は密接につながっていて、自律神経のバランスを乱してさまざまな不調の引き金になるのだ。

 これを解消するためにはマッサージやツボ押しなどが知られるが、著者が確立した「プルスキンメソッド」は、何と肌を“つまむ”だけ。肌を押すのではなく、つまんで持ち上げることで、こわばった細胞同士を容易にほぐし滞った血液やリンパ液を勢いよく流せるのだという。

 足や脇の下、目の周りなどの肌を、人さし指と親指の腹でそっと持ち上げる。そして、2~3秒キープしたらゆっくりと戻すだけ。仕事中でも簡単にできそうだ。
(ダイヤモンド社 1300円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る