広告業界のトホホと世相が楽しめる超大作

公開日:  更新日:

「気まぐれコンセプト完全版35年分」ホイチョイ・プロダクションズ/小学館 2600円+税

 1981年にビッグコミックスピリッツで連載開始された、広告代理店「シロクマ広告」を舞台とした4コマ漫画(1コマ漫画・やや長い漫画含む)である。基本的には業界や世相のトホホな面をコミカルに描き、「こんなバカなことがあるか?」と思わせるような珍奇な展開が続く。主人公は広告代理店の30歳ぐらいの社員・ヒライで「カブト自動車」などをクライアントとし、基本的にはエロくセコい男の視点で描かれている。本書はこの35年間の同作から選りすぐりの作品を選んだ984ページの超大作である。

 記念すべき1981年の1つ目の漫画はエロ過ぎるので紹介しないとし、3つ目が「ジャイアント馬場・CM出演解禁」というネタである。馬場がタイガー・ジェット・シンにサーベルで乱打され、流血するとマットに血で「クルマはカブト」と書くオチだ。

 最新の最後の漫画は、昨今のSNSで「いいね!」をもらいたい中毒の人を取り上げ、ドローンで奈良の大仏の顔を横から撮影した動画をアップしようとするも、誤ってぶつけてしまい大仏の頭が落下し逮捕される男を描く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る