• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「橋を透して見た風景」紅林章央著

 明治31年に完成した日本初のアーチ橋である浅草橋を設計した金井彦三郎は、岐阜の下級武士の家に生まれた。4歳で父を亡くし、廃藩置県で禄を失い、苦学して東京府の下級役人となり、東京に架けられた橋のほぼすべてに関わることになった。アーチ橋を実際に見たことはなかったが、英字本だけを頼りに独学で設計したという。

 また、辰野金吾が設計した東京駅の基礎構造の変更を行う。関東大震災で旧丸ビルには多数の亀裂が入ったが、東京駅にはひびひとつ入らなかった。日本がモデルにした欧米には耐震の概念はなかったが、金井の技術が震災の被害を防いだ。

 橋造りに関わった技術者たちの記録。(都政新報社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る