「橋を透して見た風景」紅林章央著

公開日: 更新日:

 明治31年に完成した日本初のアーチ橋である浅草橋を設計した金井彦三郎は、岐阜の下級武士の家に生まれた。4歳で父を亡くし、廃藩置県で禄を失い、苦学して東京府の下級役人となり、東京に架けられた橋のほぼすべてに関わることになった。アーチ橋を実際に見たことはなかったが、英字本だけを頼りに独学で設計したという。

 また、辰野金吾が設計した東京駅の基礎構造の変更を行う。関東大震災で旧丸ビルには多数の亀裂が入ったが、東京駅にはひびひとつ入らなかった。日本がモデルにした欧米には耐震の概念はなかったが、金井の技術が震災の被害を防いだ。

 橋造りに関わった技術者たちの記録。(都政新報社 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る