「不発弾」相場英雄著

公開日: 更新日:

 2015年9月、老舗の大手電機企業・三田電機に、巨額の「不適切会計」が存在することが日本実業新聞紙上に掲載された。警視庁キャリアの小堀秀明は、明らかな不正経理を「不適切会計」とする不自然な表記の背後に、何らかの強い力が働いたのではないかという疑念を持つ。

 調査を進めるうちに浮かび上がってきたのは、古賀遼という金融コンサルタントの存在。激動の金融業界を生き延びてきた彼の活躍の陰には、ある日本経済のタブーが潜んでいた。

 本書は、BSE問題を扱った「震える牛」や世界から孤立する日本産業を描いた「ガラパゴス」など、旬の社会問題を毎回見事な手腕でリアルに描く著者による最新作。今回は粉飾決算に手を染めた巨大企業を支えるために役割を果たしてきた金融コンサルタントの人生を、バブル期の熱狂やブラックマンデーなど、日本経済のたどってきた道とともに描いている。

 なぜ、老舗の大手電機会社が1500億円もの粉飾に手を染めることになったのか。本書で描かれた今にも爆発しそうな経済の不発弾は、昨今ニュースで騒がれる話題とそっくりで背筋が凍る。(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る