「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」西山耕一郎著

公開日:

 健康長寿のために衰えさせてはいけない体の機能といえば、足腰の筋肉や血管などが思い浮かぶ。しかし、それ以上に重要なのが、食べ物をのみ込む力、つまり嚥下機能だ。

 食べる=生命活動の維持であることは言うまでもないが、最近では嚥下機能が低下することでリスクが高まり、高齢者の“命取り”にもなる誤嚥性肺炎が問題となっている。のみ込む力をどれだけキープできるかは、寿命を決定づける鍵と言っても過言ではないのだ。

 嚥下機能を衰えさせないためには、のどを鍛えることが大切。カラオケは非常に有効で、しっかりと声を出して歌うことで、嚥下の際に働く喉頭拳上筋群と呼ばれる筋肉が鍛えられる。日頃からよくおしゃべりをするのもいい。加齢によるのどの筋肉の衰えは、女性よりも男性の方が顕著であるというデータがある。これは、女性の方がおしゃべり好きであることが関係している可能性があると本書。

 1日数分でできる、「のど体操」を習慣づけるのもお勧めだ。たとえば、顎先に両手の親指をあてて顎を持ち上げ、一方で顔は下へ向けて顎を引く。押し合いっこの状態を5秒間キープし、これを5~10回繰り返そう。空のペットボトルをくわえて膨らませたりしぼませたりする体操も、のどの筋肉に効くという。全身の筋トレ同様、のども地道に鍛えて、嚥下機能をキープしよう。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る