日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

潜伏期間が50年? 中高年はC型肝炎の検査を

「C型肝炎この10年でわかったこと」板倉弘重監修 広海輝明著

 現在7タイプが発見されているウイルス性肝炎の中でも、もっともやっかいなのがC型肝炎。症状が比較的軽いために感染に気づかないことが多く、感染者のおよそ70%が慢性化してしまう。そして、いつの間にか肝硬変や肝臓がんへと進行するというから恐ろしい。

 C型肝炎ウイルスは感染者の血液を介して感染し、過去の輸血や血液製剤の投与、臓器移植、覚醒剤の回し打ちなどでリスクが高まる。こう聞くと自分には無関係のように思えるが、適切な消毒をしない器具を使っての医療行為や、感染者とのカミソリや歯ブラシの共用などでも感染の可能性がある。日本人のウイルス性肝炎のほとんどがC型肝炎であり、患者のほぼ半数で感染源が不明というデータもあるため、決して他人事ではない。

 早期に治療すればC型肝炎は不治の病ではないが、インターフェロン注射をはじめとするいくつかの治療法には有効性が限られたり副作用が認められるという問題点もあった。しかし近年では、抗酸化作用の高いステビア草のエキスによる新たな治療薬も生まれている。

 潜伏期間が長いこともC型肝炎の特徴であり、20年や30年、ときには50年にも及ぶことがある。

 幼い頃に受けた予防注射が感染源という例もあり、心当たりがなくても40歳を過ぎたら必ず肝炎ウイルス検査を受けるべきだと本書は警告している。(青萠堂 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事