• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

健康長寿の秘訣は粗食ではなく「多様食」

「死ぬまで介護いらずで人生を楽しむ食べ方」新開省二著

 飽食が健康を害するという意識から、粗食を心がけているという人はいないだろうか。確かに食べ過ぎは良くないが、粗食に対する評価が過ぎるのは大問題。近年では、粗食は健康にいいどころか、老化を促進して寿命を短くするというデータが明らかになっているためだ。

 昔の人は粗食だったから健康なのでは? と思うかもしれない。しかし、昔の日本人はおかずが少ない代わりに、ご飯でカロリーを取るため1日に茶わんで6杯以上は食べていた。不足しがちなミネラルやビタミンも、味噌汁を1日に4、5杯飲むことで補っていたのだ。このような食生活の実態を知らず、ただ粗食だけを信仰していると、低栄養から老化が進み、血管や臓器を衰弱させてしまうのだ。

 東京都健康長寿医療センター研究所で副所長を務める著者は、「多様食」を推奨している。肉、魚介類、卵、大豆、そして油を使った料理などの10種類の食品群を対象に、1日1回食べれば1点として、10点満点を目指す食べ方だ。

 本書では、老いない骨と筋肉をつくる運動や、運動効果が高まる食事なども紹介している。食事を改善すれば、70歳からでも効果は期待できる。誤った粗食を続けている人は、今日からでも食事を見直してみよう。

 (草思社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る