「血の雫」相場英雄著

公開日:

 中野坂上交差点近くで25歳のモデルが殺された。背中など5カ所を刺されていた。次いで、高円寺駅近くの住宅街でタクシー運転手の刺殺体が発見される。当初は無関係と思われたが、やがて2つの事件の凶器が一致することが判明した。

 捜査に当たるのは元・特殊犯罪捜査係の田伏と、生活安全部総務課にいた長峰の2人。かつてシステム関係の仕事をしていた長峰は、殺害されたモデルのインスタグラムを確認していて、彼女が精神的に病み始めていたのではないかと指摘する。その後、中央新報の社会部に「ひまわり」というハンドルネームで犯人からのメールが送られてきた。

 過激な中傷が繰り返されるネット社会を背景にした犯罪を描く社会派ミステリー。

(新潮社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る