「ガラパゴス」(上・下) 相場英雄著

公開日: 更新日:

 警視庁捜査1課継続捜査担当の田川信一は、ある日、身元不明者のリストの中に不自然な写真を発見する。それは、練炭自殺として処理された青年の死体。

 その男の口元には青酸カリによって死亡したことを示す鮮やかな紅色が現れていた。捜査を始めた田川は、現場となった老朽化した団地の風呂場で、「新城」という文字と6ケタの数字が書かれた紙切れを拾う。

 紙切れを手がかりに不可能かと思われた被害者の身元を突き止めた田川は、被害者が非正規雇用の派遣労働者として各地で働いていたことを知る。彼はなぜ殺されなければならなかったのか、その真相を探るうちに、田川は思いがけず日本社会のおぞましい労働現場と世界から取り残された国内産業の惨憺たる現実に直面する……。

 本書は、28万部超えのヒットとなった「震える牛」の続編。「震える牛」にも登場した窓際刑事の田川警部補が、地道な捜査で事件の真相を追いながら、日本独自の進化を遂げたハイブリッドカーや液晶テレビなどの業界の袋小路ぶりや、人材派遣会社の欺瞞に気づく。

 ガラパゴス化した今の日本社会をあぶりだす問題作だ。(小学館 上・1400円+税 下・1500円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る