「日傘を差す女」伊集院静著

公開日: 更新日:

 永田町のビルの屋上で老人の死体が発見された。胸に深く刺さっていたのは捕鯨用の銛で、老人は和歌山の捕鯨船の砲手、稲本和夫と判明した。

 死体のそばに遺書はあったが、警視庁捜査1課の立石刑事は自殺とみることに疑問を感じる。

 ところがマスコミは、現内閣に対する抗議の自殺だと騒ぎ出した。稲本は農水大臣に調査捕鯨の割り当ての捕獲頭数を拡大してほしいと陳情に来たが、秘書にけんもほろろに追い返されたという。

 やがて赤坂不動尊の工事現場で男の死体が発見されたが、その凶器は稲本と同じ銛だった。稲本の同僚の話では、それは稲本の手製の銛で、3本あったという。

 著者の6年ぶりの社会派ミステリー。

(文藝春秋 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る