「日傘を差す女」伊集院静著

公開日: 更新日:

 永田町のビルの屋上で老人の死体が発見された。胸に深く刺さっていたのは捕鯨用の銛で、老人は和歌山の捕鯨船の砲手、稲本和夫と判明した。

 死体のそばに遺書はあったが、警視庁捜査1課の立石刑事は自殺とみることに疑問を感じる。

 ところがマスコミは、現内閣に対する抗議の自殺だと騒ぎ出した。稲本は農水大臣に調査捕鯨の割り当ての捕獲頭数を拡大してほしいと陳情に来たが、秘書にけんもほろろに追い返されたという。

 やがて赤坂不動尊の工事現場で男の死体が発見されたが、その凶器は稲本と同じ銛だった。稲本の同僚の話では、それは稲本の手製の銛で、3本あったという。

 著者の6年ぶりの社会派ミステリー。

(文藝春秋 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る