「伊勢物語 在原業平 恋と誠」髙樹のぶ子著

公開日: 更新日:

 平安時代の歌物語「伊勢物語」の主人公は、希代のプレーボーイ、在原業平とされている。しかし、著者は彼が残した歌から伝わる深い真情からは、どうしてもそうは思えず、1000年以上も間違ったイメージで語られてきたのではないかという。伊勢物語を読み込みながら、そんな業平の素顔に迫る古典ガイド。

 最初の恋である春日野の姉妹、親子ほど年が離れた西の京の女など、業平が出会った女性たちから学んだこと、そしてその心の襞(ひだ)を読み解く。すると、女性に寄り添い、女性の身になって受けとめる感性を備えた業平は、単なる好色ではなく、そこに「きよらかなあはれ」があったという。その「きよらかなあはれ」こそ平安の雅の本質であり、現代にも通じる「誠」の姿なのだと著者はいう。

(日経BPマーケティング 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る

人気キーワード