「私は女になりたい」窪美澄著

公開日: 更新日:

 カメラマンの夫と別れたときはせいせいした。だが、あの人と別れたときは魂がちぎれるようだった。あのときの私は1人の女だった。母の介護費と、息子の教育費を稼ぐために、赤澤奈美は美容皮膚科医院の雇われ院長をしていた。

 ある日、薄毛治療にやってきたのが、業平公平だった。結婚式までになんとかしたいという話だったが、治療の途中で来なくなった。街で偶然、業平に会ったとき、元彼を忘れられない婚約者と別れたことを知る。時折、食事をするようになるが、奈美は47歳、業平は14歳年下だ。業平が真っ赤なバラのブーケを持ってきた日、2人は男女の仲になった。

 ときめきを取り戻した女医の「最後の恋」を描く。

(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る

人気キーワード