「男の民俗学大全」遠藤ケイ著

公開日: 更新日:

 社会の変化にあらがいながら、日本の伝統文化や手仕事の技を守り続けている男たちを取材したイラストブック。

 小澤忠一さん(64歳=取材時)は、千葉県銚子で半世紀以上、大漁旗作り一筋に生きてきた。鮮やかな原色で染め上げられた大漁旗の色や絵柄は漁師の気骨そのもの。威勢のいい大漁旗の図柄は船主や網元が配る「万祝(まいわい)」という漁師の晴れ着がもとになっている。

 しかし、そうした江戸時代以来の習慣は戦前に消え、万祝を作る人もいなくなった。房総九十九里は万祝発祥の地だという。そうした歴史や由来などにも触れながら氏の仕事に密着して紹介。

 ほか、刺青師やマタギ、炭焼き窯職人など99種。自分の仕事に誇りと命を懸ける男たちの「奥義」に迫る。

(山と溪谷社 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード