「歴史の中で語られてこなかったこと」網野善彦、宮田登著

公開日: 更新日:

 歴史学と民俗学の泰斗による対談集の復刻版。

 まずはアニメ映画「もののけ姫」を話題に、「山民(さんみん)」の存在に言及。宮田氏によると、戦国末期から近世初期にかけて山を生活の場にしていた山民が里に下り、平地民となった一方で、平地民も山に入り、その人的交流の要に都市が生まれたという。網野氏は、江戸時代の制度がそうした都市を村にしてしまったと指摘。秀吉の時代から江戸に至る過程で町を村にするという社会再編の意思が権力側にあったのではないかという。その田畑の制度の中に、山民や漁民を組み入れたのだそうだ。他にも、古代・中世では男が担当する農業と、女性が担当する養蚕が厳密に分けられていたなど、権力者ではなく、女性や子供、老人に注目して歴史を読み解く。

(朝日新聞出版 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る

人気キーワード