パニック障害発症で番組すべて降板 円広志を支えた妻の献身

公開日: 更新日:

<1999年9月>

「とんでとんで……まわってまわって」の「夢想花」のヒットで知られる円広志。「パニック障害」を発症し、治療のためにレギュラー出演する全番組を降板する騒ぎになったのは1999年。

 円は78年の「夢想花」ヒット後はトークの才能を発揮、おもに関西ローカルのバラエティー番組を中心に活躍していた。レギュラーを6本も抱える忙しさだった。

 しかし、45歳の時、番組生放送中に「このまま気を失って倒れるのではないか」という激しい恐怖感に襲われる。本番前に椅子に座っている時から、まるで世界がぐにゃりと歪むように感じ、本番中に立っていられなくなったという。共演者が驚く中、ついに椅子に座ってしまう。1時間の生放送が本当に長く感じられてひたすら時間が過ぎ去るのを待つ、地獄のような苦しさだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る