城みちるとの交際で「歌か恋か」を迫られた伊藤咲子

公開日: 更新日:

<1979年3月>

 3月16日の昼下がり、東京・溜池にあるレコード会社の一室で会議が開かれていた。出席者は同社の制作部長、邦楽本部長、宣伝部長、チーフプロデューサー、プロダクションの役員、そして伊藤咲子(当時20)。彼女は前年12月から芸能活動を休止していた。

「伊藤は事務所やレコード会社から“恋をとるか歌をとるか”を迫られていた。結論が出るまで仕事を入れないと言われていたんです」(芸能記者)

 それから3カ月、恋人と別れることを決断した伊藤がそのことをレコード会社に報告しに来たのだった。2時間にわたる話し合いの末、歌手活動の再開が決まった。

 恋人とは城みちる(同21)。2人とも「スター誕生!」出身。73年12月「イルカにのった少年」でデビューした城に続いて、伊藤も74年4月「ひまわり娘」でデビュー。アイドルとして華々しいスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る