城みちるとの交際で「歌か恋か」を迫られた伊藤咲子

公開日:  更新日:

<1979年3月>

 3月16日の昼下がり、東京・溜池にあるレコード会社の一室で会議が開かれていた。出席者は同社の制作部長、邦楽本部長、宣伝部長、チーフプロデューサー、プロダクションの役員、そして伊藤咲子(当時20)。彼女は前年12月から芸能活動を休止していた。

「伊藤は事務所やレコード会社から“恋をとるか歌をとるか”を迫られていた。結論が出るまで仕事を入れないと言われていたんです」(芸能記者)

 それから3カ月、恋人と別れることを決断した伊藤がそのことをレコード会社に報告しに来たのだった。2時間にわたる話し合いの末、歌手活動の再開が決まった。

 恋人とは城みちる(同21)。2人とも「スター誕生!」出身。73年12月「イルカにのった少年」でデビューした城に続いて、伊藤も74年4月「ひまわり娘」でデビュー。アイドルとして華々しいスタートを切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

もっと見る